Idun日記
メカ実装後99%メカしか動いてない人の日記。
06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 08
意識改革で狩りが快適に
せんち
104歳になってルシオラがノンアクティブになったこともあり
センチピードに再び戻って来ました。

ルシオラがアクティブだとパルスで飛ばされまくるので
やはりそれが無いだけでもかなり違います。

ただ、自分のレベルが上がったところで
人が多いのは相変わらずなので
以前と同じように狩っていては
結局ストレスを貯めるだけでゲームを楽しめないので
色々と変更点を加えてみました。


付与
ブラジリスの変なヒドラで付与というのは変わりませんが
セーブ地点をブラジリスにしてみました。

ブラジリスには討伐NPCが居ないと思い込んでいたのですが
実は中央カプラの少し上にしっかり居るんですよね。

これにより移動が少し早くなっただけでなく
アイスが必要ならその場で直ぐ買えるという利点も生まれます。




そして付与を変なヒドラで行うということは
狩場で付与の為にグリフォン帽を付けて
素殴りをする必要がなくなるということでもあります。

その持ち替えの手間が無いなら
索敵時はペコHBを付けるのも容易だということで
早速導入してみました。

これによりカートブーストを掛ける必要がなくなるので
QMを気にすることなく狩りをすることが出来るようになります。
自分が交戦中の敵に出されるQMはまだ我慢できますが
ハエの着地点に他の方が交戦中に出されたQMに着地したりすると
非常にストレスが溜まります。
その心配すらなくなるというのがかなり大きいですね。

このペコHBを付けるという発想は自分で考え付いたのではなく
自分の生放送中に他の方が
ここでライド影肩無しの常時ペコHBで狩りができてると
教えてもらったことが発端だったりします。

その方の放送をタイムシフトで見たのですが、
WPだけでAxT2確を達成しているので
常時6匹を巻き込んでいれば地デリだけでもSPが足りるというのも
ここは最低でもライド帽、
できればライド影肩推奨な狩場だと思っていた自分には
なかなか衝撃的でした。
生放送は自分でやっても人の放送を見ても得るものが多いですね。



そしてもう一つの変更点は
人が画面内に居ないときはドロメデスを食い残すようにしたこと。
自分の狩りの方針として基本的にダメージを与えた敵は
倒しきるようにしていたのですが
この狩場ではドロメデスは食い残した方が
自分だけでなく他の人も嬉しい場合が多いのではないかと思ったからです。

ドロメデスの蜘蛛糸を喰らうと暫く動けなくなってしまうので
センチだけ倒したらドロメデスを食い残して飛んだほうが
自分も蜘蛛糸を喰らう可能性が減りますし、
残ったドロメデスを処理する人にとっても
HP満タンのドロメデスより食い残しのドロメデスと交戦したほうが
蜘蛛糸を喰らう可能性が低くなります。
スノウアMAPのゲイズティのように
ドロメデスが時間沸きなら話は変わるかもしれませんが
ここは即沸きっぽいですからね。

こいつを無理して狩る必要がないと思うことで
SP的にも精神的にもかなり楽になりました。


と、色々な変更点を加えて狩りをすることで
人が多くても楽しく狩りが出来るようになりました。

108
おかげで現在108歳。
伊豆6でスロフォがノンアクになる120歳まで
ここで突っ走ってそうな気がします。
/ 2012/05/22(Tue)21:44 /
/ 4代目メカ / trackback:0 / comment:2 /
センチ2確到達 / Idun日記 / 再始動
いつも日記拝見しております。今回は記事に取り上げて頂きありがとうございます。

gdgdな放送内容で申し訳ありませんが、参考になれば幸いです。
私の放送内容は、できるだけ庶民装備でどこまで効率の良い狩場に行けるかなので、多少見苦しい部分があったかもしれません。

仕事柄、あの時間帯にしか放送することができないので、また都合があえば遊びに来てください。

また生放送に遊びに行きますw

それでは、長文失礼しました。
>>綾鷹/Vali鯖 さん
同じ狩場で狩っている他のメカ放送は
自分と何が違うのかというのが判りやすく参考にしやすいのですが
その中でも綾鷹さんのセンチ狩りは空いている時間とはいえ
過剰にならない程度のトレインでしっかりSPを持たせられるというのは
カルチャーショックを受ける程でした。

また隙を見て放送を見させていただきたいと思います。
/ かるろ URL #EqkzR.Ow [編集] / 2012/05/29 22:39 /










Wisで送る(管理者にだけ表示を許可)

/ Idun日記 /

PROFILE

かるろ






ARCHIVES

SEARCH

R-TRACKBACK